2015年06月29日

付属高校生のためのオープンカレッジを開催しました

5月31日(日) 理工学部駿河台校舎において、付属高校生のためのオープンカレッジを開催しました.
 
本年度の海洋建築工学科のオープンカレッジでは、付属校(日本大学第一高等学校)出身者の野志保仁先生による「沿岸域の環境って何?本当に大事なの?」と題したミニ講義のほか、東日本大震災の復興まちづくりの提案や、波の力で発電する装置の展示説明などが行われました.
付属校出身の大学院生・学部生16名もスタッフとして参加し,彼らが自ら作成した図面や模型を説明し,海洋建築工学科の教育プログラムの内容や,卒業生の活躍状況などについて,高校生やご父母と懇談しました.
進学に際しての学科相談や受験相談のコーナーには、高校生はもちろんご父母の皆様にも多数お越し頂きました.
 

IMG_2915.JPG
写真 波浪発電の実験模型展示
「資源・エネルギー開発系−海の活用」



IMG_2924.JPG
写真 教員や学生による展示解説
 


IMG_2957.JPG
写真 ミニ講義の風景
(野志保仁助教:日本大学第一高等学校出身)
posted by 管理者 at 14:37| 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする